女性用の白髪染めと男性用の違い|傷みにくい白髪染めを探そう

女性用の白髪染めと男性用の違いへご訪問ありがとう!本HPはビギナーが疑問に感じるであろうという事をメインに、何てことはない正直なところも取り入れて白髪染めの状況を具体的にご案内します。 - 天然植物染料ヘナで白髪を染めよう

天然植物染料ヘナで白髪を染めよう

ヘナとは?

・最近ではとてもメジャーになっているヘナは、インドや西アジアなどで育つミソハギ科の植物です。
ヘンナとも呼ばれ古代からヘナタトゥーや、マニキュアの染料としても使用されてきました。
ヘナの葉を乾燥させて細かく粉状にしたものを水で溶いて使用します。
・自然由来の染料なので髪にも優しく美容院などに比べると経済的にも手に取りやすい白髪染めとして年齢を問わず人気があります。

ヘナで綺麗に染めるコツは?

・ヘナは粉を混ぜ合わせる事で色の調節が可能な染料ですが、混ぜると仕上がりを予想する事は難しくなります。基本的にはヘナは粉の4倍程の水で溶いて髪に塗布する方法で髪を染め上げますが、粉を溶かしてから1時間ほど放置する必要があるものもありますので、事前に確認して余裕を持って準備しましょう。
・あまりヘナを緩く溶いてしまうと髪に乗せた時に上手く染料が絡まないので染まりにくくなってしまうので注意が必要です。
・染まり具合は髪にヘナを塗布してから放置する時間を長くする事で、より深く染まる特徴があるので、単色で使用しご自分の好みの染まり具合を待ち時間を変えて調節してみる事をオススメします。またヘナは性質上、酸性のものを混ぜる事で染まりやすくなるのでレモン汁などを入れるのもオススメです。

ヘナで染めるメリット

・白髪は気になり始めると頻繁に染めたくなるものです。髪へのダメージを気にして美容院で優しい染料で染めると、持続時間はやや短くコストはかかってしまいます。
市販の白髪染めは種類も豊富なので手軽に試す事が出来ますが、やはり染料による髪へのダメージは気になります。
・ヘナは天然の植物染料なので髪へのダメージが気になる方も、染料のアレルギーが心配な方でも安心して使う事ができます。また、ヘナの色素は髪のダメージを修復してくれる働きがあるので、使ううちに潤いのある健康的な髪なっていきます。

ヘナで染める時の注意点

・ヘナは香りが強く、染めると二、三日香りが取れないので、気になる方は数日間は大切な予定の入っていない日を選ぶと良いでしょう。
・染髪後はシャンプーや石鹸で洗い流すとせっかく染めたヘナが落ちやすくなってしまうので、お湯で濯ぎ落としましょう。
・また染めた後はしばらく色落ちするので、白いタオルや衣類は注意が必要です。雨の日のお出掛けも気を付けたいですね。

白髪ができる仕組み

白髪というのは年を重ねていくと誰でも生えてきたりするものです。しかし、それが同世代に比べて早いとなると多少は心配するでしょう。ここでは白髪ができる仕組みについてしっかりと学んだうえで白髪染めなどの対策をした方がいいわけです。何が白髪を生えさせる原因になっているのかついて知れば何らかの対策を取ることができます。

髪の毛に色がつく仕組み

若い時というのは毛母細胞にあるメラノサイトによって髪の毛の色を作るメラニン色素が作られて、それを取りこむことによって髪の毛が黒色になるわけです。ちゃんと黒髪になっているか白髪になっているかというと成長する過程によって決まってきます。

しかし、加齢によってメラノサイトが減少していきますので、それに伴ってメラニン色素が作られなくなってしまうために、髪の毛に色がつかずに白髪になります。白髪が生えてきた毛穴からはもう白髪しか生えないかというとそういうわけでもなく、先の方は黒髪で根元のほうが白髪というケースも有り得るのです。

白髪の原因は老化だけではない

白髪が生え始める年齢というのは個人差があり、同じ年齢であっても全く白髪が生えてきていない人がいる反面、白髪だらけというような人もいます。加齢だけでなく他の要因があるからこういうことになっているのです。

子供ですでに白髪が発生しているというのであれば、もしかすると遺伝体質によるものかもしれません。ほんの数本だけであれば珍しいことではないですが、どう考えても目立つくらいに白髪がある場合は、両親や親族の中に同じような若白髪が生えている人がいることが多いです。

それだけでなく睡眠不足や生活習慣の悪化、栄養が偏った食事、ストレスにおいても白髪の原因になったりします。これらは血行が悪くなってメラノサイトまで十分に栄養を届けることができなくなったから、結果的に白髪になりますし、健康な髪が生えてきませんので、結果的に薄毛などに悩まされます。

気が付いていない間でも普段の生活の中で白髪を増やしてしまう行動を取っていることがありますので、それらをうまく解消することによって加齢が原因以外の白髪を防ぐことにつながってきます。

頭皮と髪の毛は意外とデリケートだと認識しよう

白髪ができる要因として大きいのは老化によるものです。だんだんメラニン色素が作られないために白髪になってしまうものです。それだけでなく生活習慣の悪化などによっても血行を悪くするために白髪になります。頭皮と髪の毛はデリケートなのできちんといたわりましょう。

新着情報

◆2016/04/08
天然植物染料ヘナで白髪を染めようの情報を更新しました。
◆2016/04/04
白髪は抜いても構わないのか?を新規投稿しました。
◆2016/04/04
白髪は果たして遺伝するのか?を新規投稿しました。
◆2016/04/04
白髪が生え始める年齢は?を新規投稿しました。
◆2016/04/04
タバコは白髪の原因にもなるを新規投稿しました。